マツダ期間工の内定を勝ち取ろう!選考会への応募と選考・テスト・面接の流れ

 

マツダ期間工の面接の流れ

  • 電話またはWebから選考会を予約
  • 選考会場で期間工の待遇についての説明
  • 筆記・実技テストの実施
  • 個人面談の実施
  • 合否の通知

1.電話またはWebから選考会を予約

マツダ期間工の面接を受けるには、まず電話またはWebから選考会の予約をします。工場のある広島県と山口県では、週に1?2回の選考会を行っていますが、全国各地でも選考会が開かれています。詳しくは電話で問い合わせるのがおすすめです。

2.選考会場で期間工の待遇についての説明

選考会場では、実際に期間工として働くにあたっての詳細な説明を受けます。給料面や気になる待遇面なども解説してくれるので、しっかり条件を把握しましょう。

3.筆記・実技テストの実施

マツダ期間工の選考会では、筆記と実技の2種類のテストが実施されます。筆記は簡単な計算問題や間違い探し。実技では、手先の器用さやシンプルな運動などのテストが行われます。どちらも焦らないで挑むのがポイントです。

4.個人面談の実施

マツダ期間工の面談は全て個別面談で行われます。ここでは、面接官による志望動機の質問や入社に関する条件の説明などを受けます。マツダ期間工の選考会でも一番重要な場面です。

5.合否の通知

選考会が終了してから1週間ほどで合否の通知が郵送されてきます。通知は「合格」「不合格」に関わらず郵送されるようになっています。

マツダ期間工の面接へ行く際の服装・スーツ

サチコ

マツダ期間工の面接は基本的にスーツで行くようにしましょう。
面接時にカジュアルな服装で行くのも悪くはないですが、スーツがある人は着用していくのがおすすめです。

選考会に着ていくスーツのデザイン・色は?

サチコ

派手なデザインのものは避けてください。大きなストライプ柄やチェック柄などはカジュアルすぎる印象を与えてしまいます。スーツのカラーも黒、ネイビー、ダークグレーなどが好ましいです。

ネクタイは、黒、グレー、ブルー系の色が無難です。えんじ色に近い赤系のネクタイも情熱的な印象を持たせることができるので、与えたい印象によってチョイスすると良いでしょう。

第一印象は面接官に対してとても大切です。

自分を客観視した時に「暗い印象を持たれがち」「子供っぽいってよく言われる」など、面接時にネガティブな印象を与え内容にしたいですよね。

好印象を与えるスーツの色は?

応援するサチコ

暗い印象を持たれやすい人はやや明るめのネイビースーツがおすすめです。

逆に幼い印象が強い人は少し暗い色を選ぶと落ち着いた印象になりますね。スーツで負の印象を補うようにカラーを選択するのがおすすめです。

ひげ・髪型は?

長髪やヒゲを伸ばした状態で面接を受ける人は、面接官に悪い印象を抱かれてしまいます。髪の毛はよくセットしてください。ヒゲは剃っていくのが面接時の最低限のマナーです。

サチコ

清潔感のある人は、仕事をやり遂げる人材だという印象を与えてくれます。