マツダの期間工は寮が最高!寮の間取りと家賃・光熱費を徹底解説

サチコ

マツダ期間工の寮は、マツダ広島工場に4箇所とマツダ山口防府工場に3箇所あります。
寮は基本的に個室になっており、部屋も広めに作られれています。

マツダ期間工の寮には3つのメリットあり!家賃無料・光熱費無料・防音設備

1.家賃無料

マツダ期間工の寮は、家賃が無料になっています。現在、アパートに住んでいる人は寮に切り替えるだけで、かなりお金を節約することができるでしょう。固定費をグッと下げることができるので、今後貯金をしていきたい人にもおすすめです。

2.光熱費無料

家賃無料と同じく光熱費も無料になっています。暑い夏でも電気代を気にすることなくエアコンが使えるのは、働く人にとって居心地の良い環境と言えるでしょう。家賃、光熱費を気にすることなく広い部屋に住めるのはマツダ期間工の特権です。

3.防音設備

マツダ期間工の寮は、マンションレベルの防音対策が施されています。「隣人の音が気になる」ということも最小限に抑えられるので、プライベートを確保したい人にもおすすめです。神経質な方でも住みやすいのは嬉しいポイントです。

入寮の準備品は?マツダの期間工向け寮・社宅にあるもの・ないもの・ネット環境は?


マツダ期間工の寮の設備は以下のようになっています。
テレビ
冷蔵庫
エアコン
ネット(有料3500円程度)

サチコ

マツダ期間工の寮は、充実した設備が整っています。
そのため入寮に関して揃えるものは特別ありません。
食器や洗濯洗剤など、最低限の生活用品と私服を持っていけば問題ありません。

寝具

寝具も無料で貸出されているので、わざわざ家から寝具を持ち込む必要はなく、入居したその日から快適に過ごすことができます。
お風呂は大浴場が使えるようになっています。洗面台、トイレ、洗濯機は共同になっていますが、全て無料で使うことができます。

ネット環境

インターネットは別途契約する必要があります。

初期費用は4,000円程度。その後は月々3,500円ほどで使用することができます。
もしも、契約や工事が面倒な方はスマホのテザリング機能や、電話会社の簡易的なWi-Fiを利用すると良いでしょう。

サチコ

入居に際して特別に揃えなければいけないものはなく、身軽引っ越すことができるのはマツダ期間工の大きなメリットになります。充実した設備で快適に暮らせるのは、仕事をしていく上でも重要な要素になるでしょう。

個室寮はある?寮か社宅かは事前に選べる?


マツダ期間工の寮は、基本的に個室です。

サチコ

各部屋には2段ベッドが設置されていますが、よほど混雑することがなければ共同で使用することはありません。

期間工の場合、社宅を利用することはできません。しかし、寮の環境と設備は非常に整っているので、個人で利用する場合は特別な差を感じることはないでしょう。

間取りはなんと14畳

寮によっては一部屋14畳とかなり広めの作りになっています。
トイレやバスルームなどがなくワンルームで14畳の部屋を1人で利用できるのはマツダ期間工ならではのメリットと言えます。

広島、山口の各工場に対して十分な寮の数が確保されているので「プライベートは1人でゆっくり過ごしたい」という人にも安心して利用することができます。

マツダ期間工の食堂・トイレ・共用施設


マツダ期間工の食堂は、他の社員食堂に比べると高額です。
他社の食堂では、1食平均300円程度で済みますがマツダ期間工の寮の食堂では350円~600円程度の料金がかかります。

サチコ

特にランチタイムは500円ほどの料金がかかるようになっているので、人によってはデメリットに感じることもあるでしょう。もしも、食費をできるだけ抑えたいという人は、寮の食堂ではなく、工場内の食堂を利用することをおすすめします。

工場内の食堂は、他社と比べても特別高いわけではないので節約派の方にも安心して利用することができます。

トイレ・バスは共有

トイレや洗面台は共用施設になっています。

応援するサチコ

人によっては「トイレは部屋につけてほしかった」と感じる人もいるかもしれません。
共用になっていることで自分で掃除する手間も省けます。室内の洗面台よりも広々とした共用の洗面台の方が開放感があります。

各寮には大浴場が完備されています。
仕事で疲れた体も広々とした大浴場でリフレッシュできるのは、嬉しいポイントです。

サチコ

期間工は体が資本のお仕事です。
狭い室内の浴槽ではなく、共用施設に大浴場が完備されているのは期間工にとって大きなメリットと言えるでしょう。